LACRELICA Omnibus vol.1
​『Lacrima ~涙~』
2018年12月18日に発足した、Entertainment Creators『LACRELICA』初めての公演。
ユニット名の由来にもなっている″涙″をテーマに、3人の脚本家がそれぞれのカラーで描くオムニバス公演。

ラインナップ (上演順)

『右手が上がってしまう人』 作:松田 智晃
稀有な病気にかかってしまった男の悲劇的コント

『感情(かん)、極まる。』 作:結野 ひふみ

ある部屋に迷い込んだ男を描いた抽象劇

『ダニエルの涙』 作:海藤 猫亮

​海外俳優ダニエルの声を当てる男と監督のショートコメディ

『右足がくっついてしまう人』 作:松田 智晃
熱い戦いを繰り広げる男たちの漫才コント

『右眼が疼いてしまう人』 作:松田 智晃
2020年春に行われる本公演のビフォアストーリー

※脚本家の気まぐれにより、『涙の研究』のタイトルが

『右眼が疼いてしまう人』に変更となりました。​

(2019/3/13)

​全3ステージ
​公演日時
2019/3/27(水)~29(金)
各日 開場  18:30  / 開演 19:00
​会場
〒176-0005
東京都練馬区旭丘1-46-12 エイケツビルB1
西武池袋線「江古田」駅  徒歩7分
都営大江戸線「新江古田駅」徒歩13分
​キャスト
松田 智晃
安藤 佳祐
​宮本 大輔
(以上、LACRELICA)
​料金​
​スタッフ
脚本 松田 智晃/海藤 猫亮/結野 ひふみ
演出  松田 智晃​
宣伝美術/撮影 田村 こころ
制作 三井 裕子
​制作助手 笹原 利佳/山下 菜那子
​¥1,500 + ワンオーダー
​動員数
​59名
​ご来場、誠にありがとうございました。
​ギャラリー
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン

© 2018 LACRELICA

powered by Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now