​LACRELICA Door scope

新型コロナウイルスの流行により、

様々なエンターテインメントが中止・延期を余儀なくされています。

いつ終わるのか分からない苦悩に直面する毎日。

しかたがないと理解はしていても、

疲れてしまうこともあるでしょう。

LACRELICA Door scopeは

​閉塞感すら感じられる今、

少しでも心を軽くできるエンターテインメントを、

という趣旨で始まりました。

劇場の扉は閉ざされていますが、

脚本というscopeを通して

そこで創られてる世界を覗くことはできます。

覗いてみたら、わずかですが光を感じられるかもしれません。

LACRELICAでは現在までに3人の作家の脚本を

計11本、上演してきました。

1作品でも、たった一言のセリフでも、

​あなたの心に届けば幸いです。